2012年10月22日

赤坂コミュニティまつり

週末は、毎月開催している赤坂の想続塾のイベントがあり、お手伝いさせていただきました。

想続勉強会と銘うって、2日間開催の間にご興味のある方に参加いただきました。セミナーと個別相談会があり、混雑してませんでしたので、じっくりとお話をすることができたと思います。

スタンプラリーなども実施していたので、教室の前を通っていただける方には、お声をかけさせていただきました。
「”想続”ってなんですか?」と訊いてくる方が多く、字の違いに皆さんさっと気づいてくださいます。
相談後に皆さん満足して帰られていらっしゃるのが印象的でした。

2012102009.jpg

2012102005.jpg


お疲れ様でした。イベント
posted by keika at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 想続塾

2012年10月15日

支部活動 無料相談会

昨日は、緑支部の無料相談会があり、参加してきました。

お天気かと思っていたら、ちょっと雨が降ってきて、相談会の呼び込みをしてくださった支部の方々、冷えませんでしたでしょうか。私は、室内で、司会と相談員をやらせていただいたので、ぬくぬくとさせていただいておりました。

P1160076.JPG


終わったあとは、竜馬ラテで一息。喫茶店
皆様、ホッとしていただけましたでしょうか?

P1160090.JPG
posted by keika at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年09月21日

スタートしました!都筑想続塾

今週、都筑想続塾を無事開催させていただきました。

今後の勉強のためにビデオも回してみましたよ。ああ、もうちょっとスリムにならないと・・・
とか、もっと落ち着いて丁寧に話すとか、反省点は挙げるときりがないですが、参加してくださった方々の暖かい声がとてもうれしかったです。お手伝いしてくだいました皆様、参加してくださいました皆様に感謝、感謝でございます。

相続は人それぞれで、100人いらしたら、100の相続ストーリーがきっとあると思います。素敵な相続のお話がたくさん増えるように、今後も円満想続を推進いたします。

お一人お一人ご興味の分野もそれぞれですが、相続に関する皆さまの関心の高さを実感いたしました。
次回12月19日も楽しみにしていてくださいね。わーい(嬉しい顔)

P1150885.JPG
posted by keika at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 想続塾

2012年07月15日

よりそいホットライン

関東圏に住んで長いですが、まだまだ行ったことがない場所はたくさんあります。今回初めて、東京大学におじゃまする機会がありました。
P1150284.JPG

↑こちらは正門です。
学内はアーチ型の入り口がたくさんある建物がずらり。歴史を感じます。

今日の目的は、「よりそいホットライン」の報告会に参加してまいりました。
P11502851.jpg

”よりそいホットライン”とは 何ぞや?!
すごい活動です。

↓こちらの電話番号は、
「0120-279-338(フリーダイヤル つなぐ・ささえる)」24時間、あらゆる悩みの相談をすることができます。

今年の3月11日から開始されて、
21日間で5万7千件のアクセスがありました。
5万7千のうち、相談としてつながったのは約1万4千件。
そして4月以降は連日、2万件前後のアクセスが続いているそうです。

電話をかけてくる方の中には、誰にもいえない悩みを”ただ聞いて欲しい”ということだけでコールしてくるかたもいらっしゃるし、実際に本当に困っていて、その問題を解決するために動くこともあるそうです。
この報告会には、実際に電話されて、いまここで明日を生きようとしている方のコメントもありました。

相談員のスキルアップ、つなぐ先が整備されていない現状(現在の福祉では対応できないものもたくさん)などは、今後の課題としてあるそうです。貧困層の分析(日本はOECD諸国の中でも最低ランク)などもありましたし、この辺、私ももっと勉強していきたいと思います。

posted by keika at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月07日

「わが母の記」観てきました

「わが母の記」という映画を観てきました映画

井上靖さんの自伝的小説で、家族の絆の物語です。役者さんたちの演技はとてもすばらしかったです。
昭和の時代がぷんぷんする設定なんですけれど、いろんな言葉が新鮮に感じました。

一例を挙げますと、

「お返しをしなければいけない」と。。。
「それは、give and take ではない」んだと、、、

恥ずかしながら、香典帳という言葉を初めて知りました。

とっても感動もしましたし、勉強にもなったすばらしい映画です。昭和の時代の話ですので、介護保険も何もないですが、家族の在り方を考えさせられました。

賞もたくさんとられているようで、海外でもとても評価されているようです。


映画「わが母の記」サイト
posted by keika at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記